平成29年6月29日(木)

恐慌化する世界、日本はどう進むべきか!

今井澂先生

今井 澂先生

国際エコノミスト、
元山一証券・日本債権銀行顧問



概要

北朝鮮の核ミサイル挑発への警鐘はもちろんだが、 韓国の新政権が危険である。けだし、文在寅新 大統領は、北の「チュチェ(主体)思想」(北朝鮮の みが朝鮮半島の正統政権であり、韓国は米帝国主義 の傀儡政権であるという思想) の信奉者であり、秘 書室長に任命された任鐘哲は北の対南工作員と言わ れる人物で、新政権は親北・反韓・反米・反日であ る。文在寅は近く訪米してトランプ大統領と会談す るが、トランプは親北の文在寅を容認するとは思わ れず、米軍の韓国からの撤退も考えられ、朝鮮半島 情勢は、日本人が考えている以上に、不安定である。 中国の経済も大変で、景気浮上のため、宇宙産業 の拠点をつくったり、北京と上海には地下鉄環状線 をもう一つ増やすなどしているが、いずれ破綻する だろう。中国には年金も健康保険もないので、大変 な悲劇が起こるだろう。また、中東では、サウジア ラビアはじめ9カ国がイラン寄りのカタールと断交 したが、日本はカタールに、半導体製造に欠かせな いヘリウムの大半を依存し、石油やLNGも17% 依存しており、ドイツはより依存しているので、世 界に石油危機が起こりかねない。そうした経済危機 の中、日本は良い傾向にあるが、財政難を克服する 秘策としては、日銀保有国債を永久国債化して日本 企業に売ることなどを提唱する、とされました。

<< <<